地域密着 大阪市内の新築物件のことならお任せください!

loan

住宅ローンについて

 

住宅ローンについて

まず、住宅ローンにつきまして一般的に住宅ローンで借りる金額は、一般に税込年収の5倍以下・返済負担率は25%以下が無理のない金額とされています。
続いて、銀行の審査ではいくらまで融資が認められるのか?
銀行の審査では、税込年収・返済負担率・返済期間によって借りられる金額の総額(借入可能額)が決められます。この金額を超えると審査に落ちるか、あるいは借入を減額するよう要求されます。ほとんどの銀行では、年収300万円以上でなくては審査に通りにくいとも言われています。
返済負担率につきましては、年収400万円未満では30%まで・年収400万円以上では35%までが合格ラインとなっています。
一般的にムリなく返済できるラインが25%までと言われていることと比べると各金融機関により異なりますが、やや緩やかに感じられます。ただ、現実的には税込年収の6~7倍でも取引されていますし年収300以下でも融資が承認されているケースも多々ございます!
融資審査では、ご利用される方の属性を重視する傾向にあるため、現実的に自己資金税込年収・勤続年数・職種(お勤め先属性)・家族構成さらには購入動機等により大きく左右されますので諦めずお気軽にご相談下さい。
また、個々で住宅ローンを申し込むより不動産屋から申し込むほうが融資承認を受けやすく優遇金利を受けることは間違いございません。
なぜなら個々の取引はほとんどの場合、1度きりですが我々、不動産業者を通すと反復して取引に繋がりますので金融機関も条件よく審査・優遇金利を提示するからです。

住宅ローンの流れ

住宅ローンに関しましては昨今大変厳しくおります。簡単に『通りますよ。』『当社の提携銀行なので間違いないです!』と言う業者も居られるようです。
その他にもお客様からも『他の不動産業者には住宅ローン通ると言われました!』とお叱りを受ける事も有ります。どういう根拠で他社さんが言われたかは知る由もないのですがどうも余り聞いてみても根拠が無いか整合性に乏しいお話の事が多いのを感じます。
政府も国民に住宅を所有して固定資産税など各種の租税公課と景気回復が見込めるので各銀行に住宅ローンの融資を促しています。本来住宅ローンは公共性の強い商品です。
どんなローン商品でも低金利で35年から50年貸付期間を設ける商品は御座いませんしかし現状は政府と現場の金融機関とはだいぶ考え方に開きが有り現実にはそんなに甘くないと言うのが実情です。
当社ではお客様の属性を勘案して物件のマッチングから年収に有った支払可能な金額を算出し借り入れがお有りになる場合はヒヤリングと信用情報機関等の情報を収集の後各種資料を元に精査した結果、多角的な方向性を提案します。

お気軽にご相談ください

まずはお気軽にお問い合わせください。
こちらの【お問い合わせフォーム】よりお申込みください。
お電話にでのお問い合わせは、以下よりお受けしております。
大和ホーム販売株式会社
TEL: 0120-020-777 (水曜日が定休日です)

お打ち合わせ

店舗にご来店いただき、詳細のお打ち合わせをさせていただきます。お問い合わせの際に、ご来店いただく際の資料等ご連絡させていただきます。

信用機関に営業スタッフがご同行します。

弊社営業スタッフが、お客様とご一緒に信用機関に赴き、借入属性を精査して、報告させていただきます。

※時間が取れないお客様は郵送でも取り寄せ可能ですので申しつけて下さい。

アドバイス

STEP3でお調べした借入の状況を精査し書類に基づきヒヤリングし今後の金融機関に持ち込み先などを相談しながらお客様にアドバイスを致します。

住宅ローン審査事前申し込み

必要書類がそろい準備が出来次第、各銀行にFAXします。
※審査期間は約1週間位が目安ですがお客様の属性、物件の評価、借り入れの総金額によっては審査が長引く事が有ります。
                   
(この間に間取りを決めていきます。)

事前審査内定

仮承認が内定すればFAXで銀行に送った書類等の現本を銀行に持ち込みます。
※フラット35本審査から入りますのでこの工程が御座いません。

住宅ローン審査本申し込み

本承認に移行すべく本申込書類にお客様本人の自筆で署名押印してもらい各金融機関(銀行)に書類関係を整えて提出致します。
本申込み時にはどの銀行で住宅ローンを実行されるか決めていただきます。
※審査する機関が事前審査の事前承認をした銀行とは違い最終銀行の保証会社がしますので審査期間は約1週間位が目安です。
※お客様の属性、物件の評価、借り入れの総金額によっては審査が長引く事が有ります。

本内定

おめでとうございます。これで正式に住宅ローンが通った事になります。
銀行との住宅ローンの契約の準備をします。
※これを金銭消費貸借契約といいますが分かりやすく言うと銀行と借用書を交わす事です。

個人信用情報機関の開示窓口(近畿地区)

全国銀行個人情報センター

住所   :大阪市中央区谷町3-3-5 全国銀行協会 3階地図はこちらから

お電話  :06-6942-1612

アクセス :谷町4丁目から徒歩1分

HP   :https://www.zenginkyo.or.jp/pcic/

株式会社シー・アイ・シー近畿支店

住所   :大阪市北区梅田三丁目4番5号 毎日インテシオ 5階地図はこちらから

お電話  :06-6942-1612

アクセス :JR大阪駅から徒歩7分

HP   :https://www.cic.co.jp/

株式会社日本信用情報機構

住所   :大阪市浪速区難波中2-10-70 パークスタワー 17階地図はこちらから

お電話  :0120-441-481

アクセス :南海電鉄「なんば駅」中央口・南口直結

HP   :https://www.jicc.co.jp/

受付時間 10:00〜19:00(水曜日定休)

mail